作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「どうかされたのですか?」  昂をぽかんと見上げていた難聴系美少女の睡蓮は、不思議そうに小首を傾げた。 「ど、どうかされたのかって……。いやだって、いつの間にか襦袢なんかに着替えているし……」 「そうですね。昂くんがこちらに入られた瞬間お姿が変わったので、私も驚きました」 「え?」 「メタモルフォーゼです!」と瞳を輝かせる睡蓮に、今度は昂が頭に疑問符を乗せる。  だが自分の着衣に視線を移してみれば、その理由はすぐに判明した。昂は思わずって叫んでしまう。 「なんで勝手に⁉」 「ふふっ。昂くんとお揃いなんて久しぶりです」  睡蓮は子どものような顔で屈託なく笑った。  しかしその無邪気な声が反響するのは、泣沢ノ泉の一帯だけであって――。 「おおおおおおお揃いとか、い、言うなよ……」  昂は動揺を見せまいと、手で顔を覆ったり、視線を横に逸らしてみたり。だが睡蓮が心配そうに顔を覗き込むと、昂はもっと平静さを失った。指の間から覗く昂の眼球が、睡蓮の身体をなぞる。 「こ、こら睡蓮。かかかかかか屈まないっ」 「昂くん……。あの、もしかして、お寒いのですか?」 「さ、寒いなんてそんなことあるか。だ、だってさ、ここ結構暑いだろう? あ、暑いよな⁉」 「暑い……そうですね。立派なお風呂ですものね……」  睡蓮の口から発せられた、“お風呂”というワードが、昂の頭の中を悪戯に響き渡っていく。この状況下に加え、年相応に成長プロセスを辿っている昂にとっての今の一言は、追撃に等しいと言える。昂は目を回しながら、くらくらと身体を揺らした。  なんとか昂は上体を起こして復帰すると、辺りを見渡しながら、腕を広げ言う。 「はは、睡蓮ったら何を勘違いしているんだ。こ、ここは、おふ、お風呂じゃないぞ? い、泉だぞ~?」  そんな風に昂が、懸命に理性を保って睡蓮へ訴え掛けた時。なんの前触れもなく、二人の身体が重なった。 「へ……? す、睡蓮⁉」  ふところに飛び込んできた睡蓮を、昂は咄嗟に抱き留める。  大胆とも思える行為だが、睡蓮は単によろめいた拍子に身を預けただけのようだ。  とは言え、胸元に顔をうずめたまま動かない睡蓮に、昂はひどく困惑するのだった。まあ密着出来ているのだから、当然本心は、嬉しくないはずがないのだろうけれど。 「ど、どうした睡蓮。疲れ――……」  昂は何かを察したようで、ドギマギしていた表情を正した。  睡蓮へ「ごめん」と一言断ると、遠慮気味に抱いていた手を、肩から腕に向かって滑らせる。 「身体が冷たい」  名前を呼んでみても、睡蓮はぐったりとしているだけで返事がない。  昂は睡蓮を抱きかかえると、すぐに泉へ向かった。昂は躊躇ためらいもせずに泉の中へと入る。 「本当に温泉みたいだな。……よし」  体感的には、泉質に問題がないようだ。  昂は慎重に腰を屈め、睡蓮の体勢に配慮しつつ、足先から泉に触れさせる。 「睡蓮、熱くないか? ……うん、そうか」  頷く睡蓮を見て、額に玉のような汗を掻きつつも昂は、胸を撫で下ろすことが出来た。  睡蓮を抱きかかえたまま泉に浸かると、腕の中で眠る彼女の頭を撫で、慈しむように髪を梳いていく。それから昂は、泉に浸かっていない肩の部分にも、掬った湯を丁寧に掛けてやった。そうすると、耳障りの良い音がせせらぎ、泉には波紋が広がる。肌に張り付く長襦袢が次第に泉へと溶け込んで、十分に水分を含んでいった。  昂は只々夢中で介抱に努めていたが、睡蓮のあられもない姿に、ぎょっと目を見開いた。口を真一文字に結び、目を瞑って昂はやり過ごす。 「昂くん……? あの、私……」 「睡蓮! 大丈夫か⁉」 「はい。すみません、少し貧血気味になってしまったみたいです。でももう大丈夫ですよ。とても楽になりましたから。昂くんのお陰です」  微笑む睡蓮。その笑顔は、普段よりも幾らか弱々しかった。 「睡蓮、無茶していたんだな。ごめん、俺……」  睡蓮は昂に向かって手を伸ばす。そして昂の額に触れると、親指の腹で汗を拭った。 「ありがとうございます」 「え……?」 「こんなに汗をお掻きになるまで、一生懸命にしてくださって」 「これくらいなんでもないよ。むしろさっき、須佐神と対峙した時に俺、なんの役にも立たなかったからさ」 「そんなことありませんっ。私は昂くんが傍に居てくださると、とても安心できるのです。それにあの防壁もっ」  身体を引き離して向き直ろうとする睡蓮を、昂は抱き寄せて止めた。 「昂くん?」 「ごめん、襦袢が透けてんだ」  睡蓮は状況を呑み込めずに、一度きょとんと昂を見上げたが、それは一瞬で、すぐに赤面した。  泉の効き目のお陰で調子を戻して来た顔色は、元を通り越して一段と熱を増したようだ。恥ずかしそうに顔を俯かせ、睡蓮は黙り込んでしまう。 「温かいな」 「はい……」 「ちょっと熱いくらいか?」 「ふふ、そうですね。それはきっと、今だからかもしれません」 「今だから……そうだな。長湯しないようにしないといけないな」 「はい」 「陰陽術のことさ、びっくりしただろう? 黙っててごめん」 「はい。でも少し知っていました」 「ああ、そうだな」 「はい」 「……なぁ、睡蓮」  一呼吸置いて昂は睡蓮を呼ぶと、視線を外したまま口を開いた。 「俺とこうしているのって……嫌か?」  不安げに訊く昂に、睡蓮は思案することなく「いいえ」と首を振って返事をする。 「そっか」  昂は安心したようにそう言うと、睡蓮の額に自分の額を合わせた。睡蓮は目を丸くさせて驚く。 「睡蓮、俺の目の中をよく見てみな?」 「目の中をですか……? あ」 「あ……!」  少し大袈裟に、冗談っぽく自分の真似をする昂に、睡蓮は楽しそうに瞳を潤ませる。  瞳の中に互いを映し、二人はしばらく時間を忘れて微笑み合うのだった。 「巫女さま~! たーすーけーて~!」 「太秦さんと狛のやつが、しつこいんだ~!」  二人並んで泣沢ノ泉から戻ると、元の姿に戻った白狐と黒狐が駆け寄ってきた。  少し離れた場所で、何か意見を交していたしつこい二人とやらも、睡蓮たちに気付くと同じように寄って来る。 「陽の巫女。穢れが取れたようだな」 「はい。私たちのために泉をご用意して頂き、どうもありがとうございます。お風呂みたいで気持ち良かったです」 「風呂? ああ、あれのことか。確かに似ているな」  瞼を閉じて顎を撫でる太秦に、狐たちが群がる。  話によると、睡蓮に憑依した日、烏のフォルムで色々偵察して来たらしい。つまり、風呂に入っている睡蓮も見て来たとのこと。 「はあ⁉」と、眉間に皺を作った昂が、狐たちと束になって太秦に詰め寄るが、ここでも睡蓮は難聴を発動する。 「皆さん、どうしたのでしょう」と、あわあわとした。 「美月。穢れは払われたみたいだが、体調はどうだ?」 「え? ああ、はい。大丈夫ですよ、狛さん。昂くんが献身的にしてくださったので、もうすっかり元気です!」  振り返り、睡蓮と目配せをする昂。 「……そうか」  頬を染め合う二人を見て、狛は言葉少なになる。昂が再び太秦へ問い質し始めると、狛は睡蓮の前に立って言った。 「次は俺を選べ」 「え?」 「それから、泉にも俺と……」  そう睡蓮の耳元で呟くと、狛は背を向けて部屋を後にしたのだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません