作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 涼やかな音に誘われ、美月睡蓮みつきすいれんは目を覚ます。  仰向けのまま、ぼぉっと眺めた。  カーテンも窓も、開けっ放し。  窓際に吊るした風鈴が、抜けるような青空を背景に、小さく揺れている。 「どんな夢を見ていましたっけ……」  額に乗せた手が触れたのは、汗ばんで濡れる前髪だ。ここが豊富な木々に囲まれている場所とはいえ、扇風機だけでは到底暑さは凌げない。  睡蓮は布団から上体を起こし、タオルケットを剥ぐ。肩から落ちたキャミソールの紐を直すと、胸元を摘まんでパタパタと風を送った。 「ふぅ……とても暑いです。ですが、ふふ。素晴らしいお天気のお陰で、たくさんお洗濯出来ちゃいますねっ」  まるで気怠い暑さを吹き飛ばすように、睡蓮はぴょんと立ち上がり、畳の上へ。  壁に寄せた低い机の前まで進むと、祖母が手縫いをしたという、色彩豊かなパッチワークの座布団の上に睡蓮は座った。  睡蓮は机を飾る雑貨の一つ。手毬柄の和紙が貼られた小物入れへと視線を移し、引き出しの中にある髪ゴムを取ると、うなじに張り付く肩までの黒髪を、漆塗りの櫛を使って高い位置で結んだ。  それから睡蓮は窓へ向かい、両腕をぐーんと伸ばして深呼吸をした。そうして草木や太陽の匂いを、今日も身体いっぱいに取り込むのである。 「お父さん、お母さん。おはようございます。私は元気ですよ」  すると二回。  太陽の光が睡蓮の笑顔に応えるように、きらっと輝いたのだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません