作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

3.― DOUBLE KILLER ―  左手の甲にはらりと落ちた、ほとんど吸われる事なく灰になった煙草の感触で我 に返る。最近、ぼうとしてる時間が増えた気がする。それとも、無意識にリラック スをしようとしているのだろうか。  ソファに深く沈み込んだまま、隣に置いた灰皿に吸い殻を捨て、二本目に火を着 けた。自分でも信じられないくらい何も感じない。退屈とも思わないし、かと言っ て何かしたいと言う気も起きない。何時からこうなったのだろうか。  二十七で日本に戻ってきてからか、歳を重ねる毎に思い出すのは昔の事ばかり。  日本を出て、世界を巡った――世界中の戦場を。  巻き上がる砂埃、飛び散る泥水、漂う硝煙の匂い。そして言葉も分からない人々 の殺意や恐怖の表情は今でも鮮明に覚えいる。それなのに、身近で共に戦ってきた 戦友達との日々は年々ぼやけてきて、表情すらも曖昧になっていく。  思い出よりもフラッシュバックの方が勝ると言うのは、なんともやるせない。咥 え煙草のまま煙を天井へ、溜息と共に吐き出した。  此処の暮らしは決して悪くないし、収入も戦場にいた頃より良い。お陰で一人で は有り余る様な広い部屋で暮らし、昔から好きだったスポーツカーだって手に入れ た。何時も身体中をザラザラした砂が入り込む砂漠や、蒸し暑くて泥草が肌に張り 付くジャングルなんかより、よっぽど良い。しかし、その差に始終、違和感が纏わ り付いて来るのだ。  ガラス張りのテーブルから不快な振動音が響く。俺の携帯に入って来るメッセー ジは一つしかない。仕事のようだ。  此処で腐っているよりは、よっぽどマシか。だから俺は今でも此処にいるのだろ う。  都会のエリアを離れ、しばらくすると周囲は山に囲まれる。建物の密集率も下が り、人工的なケバケバしい色の間に、自然の枯草色を下地にした深緑が立ち並ぶ。  徐々にその色達の比率は増していき、平坦だった道も角度を上げていった。  十代の頃はそんな山間の景色など興味もなかったが、日本を離れてからは、そん な自然の形や色合いが、意外にも自分にしっくりとしている事に驚いたものだ。  亜細亜、欧州、中東、自然の風景は何処にでも存在しているが、日本のそれとは 違うのだ。当然の事かもしれないが、自分が日本人であり、日本が故郷だと認識で きる。何もかもが小さいただの島国に過ぎないが、その光景を見て、ありがたみに 似た様なものを感じれるのは、悪くない気分だった。  車の方も快調だ、うるさいぐらいのダイレクトなエンジン音がいい。軽快に山道 を走らせるが、昨日の夜に降った雨のせいで、少々ハンドルを取られてしまう。し かし、それ以上に気になるのは車を洗ったばかりだと言う事だ。タイミングが悪か ったな。  そんな事を思っている間に目的地が見えてきた。――ウィンストン記念図書館。  親日家である欧米の資産家が建てた図書館。と、表向きはそうなっているが、実 際は俺の属している組織の、日本で最初に進出した拠点である。此処に設立されて から、じき半世紀になろうとする。  車を駐車場に止めて、図書館へ向かう。図書館と周囲の緑は雨粒に輝いていた。  対面を男女の学生達が、楽しそうに話しながら歩いて来る。山間にある図書館だ が、間隔短く頻繁にシャトルバスを走らせていた。学生証があれば有料コンテンツ も無料で利用できるそうだ。歳は十四、五の辺りか、丁度、俺がこの組織に入った 頃だろうか。  国のほとんどが機能していない、荒廃と格差が目に見えて分かる中で、此処は数 少ない文明的な空間と言えるだろう。とは言えドップリと裏社会が絡んだ所でもあ るが。  図書館に入ると、五階建ての膨大な書庫が視界に広がり、壮大で解放感があるロ ビーがお目見えする。携帯のメッセージの主は、何時も通りなら屋上にでもいるだ ろう。  本来ならロビーの職員に話すのが決まりだが、俺はそれなりに信用されている。  顔パスで館内へ進み、職員用のエレベーターのボタンを押す。屋上で止まってい たエレベーターが下りてきて、扉が開くと、知った顔が乗っていた。その相手も俺 を見て驚いた様子だった。   「安田じゃないか、どうしたんだ? こんな所で」 「鉄志さんの方は、また仕事ですか?」  この辺では老舗に当たる銃器店を営んでいる若頭の安田は、相変わらず野暮った い容姿に経営者らしからぬ無精ひげと丸眼鏡で、ヘラヘラとしていた。   「どうかな? 正確には前の仕事も終わってない。で、お前は?」 「組合長様より大量注文を頂きまして」  安田は嬉しそうに話す。流石は悪名名高い――偽銃拡散事件の火付け役の一族。  俺のいる、この組織との信頼も厚い。実際、俺も安田の店には、かなり世話にな っていた。  今の日本はセミオートの拳銃ぐらいなら、簡単な登録手続きだけで購入できるよ うになってる。太平洋戦争以降の武器を捨て、平和を貫いてきた筈の日本も、ウイ ルスパンデミックによる経済崩壊によって、保証も将来も消えてしまえば、人間の 醜い本性だけが残る。  それに対抗できるのは、個人が手にする武器のみ、日本人も武器を持たざるを得 なくなってしまった。  今から半世紀程前が特に酷かったそうだ。ほぼ無政府状態で各自治体が独自政策 を断行している状態だったと言う。今でもその名残はあって、地方によってコミュ ニティーの在り方やルールも大分違う。残念ながら、この混乱は、まだしばらく続 くのだろう。  そんな混乱の時代、国民は二つに分かれた。単純に言えば、弱肉強食と言うシス テム。犯罪率は計測出来ないぐらいに跳ね上がり、既存の法律や警察で対処不能に なっていた。  そこに目を付けたのが、全国の小さな町工場や、辛うじて生き残っていた中小企 業達だった。  武器を持って自衛しないとならない。誰もそう覚悟を決めていた。その需要を狙 い、全国で銃火器の密造が盛んに行われるようなったのだ。  限られた情報を元に、手探りの試行錯誤を繰り返した末に、古い型のコピー品な がら高品質な、通称“偽銃”が誕生した。  そして、その売り方も大胆不敵だった。始めは安く、市民や各地で結成されてい た自警団へ提供して、犯罪組織に対抗させた。  当時の警察は、ほとんどのエリアでキャパオーバーを起こしていて、一市民の拳 銃所持や、製造元の摘発もままならない状態だったと言う。  それを良い事に、日本のガンスミス達は自衛精神の高い者達へ武器を提供し続け た。  当然、多くの血が流れたが、結果として犯罪率が下がり。銃火器の重要性と個人 の自衛に委ねざるを得ない事実が露呈した。何時の間にか日本は、いや日本人は欧 米に似た自衛精神を獲得し、既存の法律や認識を超えて行動を起こしたのだ。  それから数年の間で、日本政府も張りぼてに過ぎないが新体制となり、銃刀法を 始めとするその手の法律を緩くしていった。せざるを得なかったと言うべきか。  もっとも、この国の法律が何であれ、俺には関係なく、銃は片時も離せない業界 にいるのだから。簡単に手に入るのはありがたい、その程度の歴史に過ぎないが。  安田の祖父の代が、その偽銃拡散事件の中心メンバーだった。 「これから全国、彼方此方を工面してかき集めるって訳です」  安田のネットワーク。正確には安田の一族が築き上げたネットワークだが、全国 のガンスミス達から製造した偽銃を一か所に集める。安田の経営してる店も、多種 多様な偽銃を取り揃えているが、それでも足りないと言うのか。 「羽振りがいいじゃないか」 「お陰様で、でも結構な量で……軍隊でも呼ぶんスかね?」  安田は手にしたバインダーを見ながら、頭を搔き毟る。軍隊、確かにそんな印象 を感じた。安田の店の在庫で足りないと言うのなら、おそらくは同じ型の装備で統 一して、まとまった数を用意したいのだろう。  あまり深入りするつもりはないが、組織は何を企んでいるのだろうか。 「それじゃ、俺はこれで」  安田はそそくさと、手にしていたバインダーを眺めながら、その場を後にした。  アンティークな装飾が施されたエレベーターは古い見た目に反して、振動もなく スムーズに屋上へ辿り着く。  エレベーターの扉が開き、図書館の屋上からは雨上がりの澄んだ青空と、淀んだ 街が視界を埋め尽くす。その側面から感じる静かな視線に目をやると、高級感が漂 うダブルブレストを着こなした、河原崎が手を組んで待ち構えている。  俺が十五の頃から世話になっている組織、世界各国の表から裏社会まで、重宝さ れてきた、その道プロを育生し、人材として斡旋する組織――通称“組合”  河原崎はその組合の組合長の一人として、日本を任されている男だった。 「久し振りだな、鉄志」 「そっちも元気そうで……」  久し振りの再開を握手で済ませた。河原崎に直接会うのは、一年半振りぐらいだ ろうか。  俺がこの組織に身を寄せたのは十五の時、その頃から河原崎とはもう二十年以上 の付き合いだ。  傭兵部隊に配属される為の見習い兵士が、俺の始まりだった。そんなちっぽけな 俺の様な者達にでも、河原崎は裏表なく接してくれた。厳格だが、頼れる大人だっ た。  傭兵を辞めて別の道を模索していた時も、河原崎が相談に乗ってくれて、根回し をしてくれた。  日本に戻ってからは、河原崎とは変わらず良き理解者であり、良き友人だ。  “組合”と言う組織は、世界中に点在している。俺の様な行き場のない者達の人 生を担保に所謂、特殊技能を仕込んで、その傘下で活動する。  本当はセキュリティ系の楽な仕事が欲しかったが、俺の実力では釣り合わず、殺 し屋稼業に落ち着いている。  図書館の屋上は、河原崎と“組合”の関係者のみが利用できる商談スペースの様 になっている。  大理石を敷き、透明度の高いガラス張りの屋根の下には、毛皮調の絨毯に、革張 りの黒いソファと、黒い石造りのテーブルが配置されている。俺は河原崎の手招き に従い、ソファへ腰を下ろした。 「前回の仕事の報酬が未払いのままだ、何かトラブルでも?」  河原崎が俺を呼んだ理由は察しが付いていたので、俺の方から話を切り出した。  この街で最も勢力がある荒神会と、それとは比べ物にならない程小さな林組。ヤ クザ共のいざこざの代理が仕事だった。  俺の仕事は標的を仕留める。ただそれだけで、仕留める理由を考える必要はない が、荒神会の幹部なんかを殺して、ケンカを売るには、林組は小規模で無謀な事を している様にも思えた。 「催促に使いを送ったが、その使いも今、行方不明だ」 「穏やかじゃないな」  殺し屋の報酬は前金なしの完全後払い。失敗のリスクもあるからだ。しかし、林 組のヤクザと言えど、“組合”がどんな組織かは分かっている筈だ。荒神会どころ か、“組合”は軍隊だって持ってる。踏み倒すなんて、馬鹿な真似をするとも思え ないが。 「今度は俺を使いに?」 「林組には三日猶予を与えている、やるだけ無駄だろうが、催促して応じないよう なら……」  河原崎に限ってそんな事はないだろうが、このままタダ働きにならないだろうか と、一瞬不安が過るが、今は野暮な話はやめておこう、後でいい。  小さいとは言え、ヤクザの事務所だ。弾は多めに用意すべきか。こういう時に思 うのは、せめてツーマンセルで行動できる者が欲しいと言う事だ。  傭兵時代は常に団体行動の中で生きてきた。今の仕事も十年を超えたが、今だに 不効率に思える単独行動が好きになれない。 「三日後、林組のとこに行ってくる」  ソファから腰を上げて河原崎を見る。初めて会った時は十代と三十代ぐらいか。  今の俺はその頃の河原崎に近い年齢になっているが、あの頃の河原崎の様な貫禄 をまるで持ってないなと、不意に思い知らされる。  住む世界も違うから、仕方ないのだろうけど、河原崎は六十二にもなるのに、衰 えなど微塵も見せず、年々その密度を高めている様にすら思える。  一方の俺は年々、くたびれて来てると言うのに。そんな事を考えながら河原崎の 元を後にする。 「それともう一つ、最近、林組が用心棒を数人雇ったと言う情報がある。人か機械 か、そう言う連中だそうだ」  含みを持たせた河原崎の言葉。素直に――サイボーグ、と言えばいいのに。  小脳と連結した装置で正確に動く機械の義手や義足。それだけには止まらず、骨 格や筋肉も人工物で強化され、人間を超えた耐久性と機動性を獲得した戦闘型サイ ボーグか。  先ずは三日後、そこに集中して備えておこう。十中八九、これは銃弾の雨が降る 案件だろうから。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません