愚神と愚僕の再生譚
5.自民族中心主義⑧ 頑張ってなんとかして。
作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。
◇ ◇ ◇ 「君主にやいばを向けるは騎士の恥。だがしかし、私は姫をあ……愛してしまった。己の首を差し出すことはいとわない。だが、姫だけは、この命に代えてもまもってみせる……」 「天城くーん、もうちょっとなんとかならないかな? ぎこちないよ」 (なるかよこんな歯の浮くような台詞せりふ。寒過ぎんだろ!)  左手の台本を床にたたきつけ、右手の剣を投げ捨てる――という衝動的行為を、なんとか脳内シミュレーションだけにとどめ込む。  ふたつの多目的室を隔てる可動式の壁。それを取り払って、ひとつにつなげた大部屋で。  机を後ろに集めて生み出した空間を使い、リュートは立ち稽古を(半強制的に)行っていた。  といっても、今さっき配役された状態でろくに演じられるわけもなく、台本ほん読みしながら漠然と動いているだけだ。 「もうちょっとこう……硬派で真摯な感じで。それじゃあ下手くそな結婚詐欺師みたいだよ」  舞台スペースの外からチェックを入れてくる江山に、リュートは言葉を濁しながらも食い下がる。 「でも俺はその、こーいうのはちょっと……」 「なによ、天城君だって騎士じゃない。守・護・騎・士。同じ騎士として、シンクロするものがあるでしょーに」 「それは日本のマスメディアが作った造語で、日本だけの呼称だ。世界的にはガーディアン――騎士なんて一言も出てこないぜ」 「かもしれないけど、助演出の角崎さんと協力してせっかく作った役なんだから。協力してよね」  リュートは同じ舞台上にいる、敵兵士D兼助演出のりんを、ぎんっとにらみやった。彼女は公開処刑中のリュートを、心から楽しそうに見ている。 「まあいいや、急に決まったしね。練習して、明日あしたには台詞せりふも覚えてきてね。じゃ次。殺陣たてのシーンやってみようか」  切り替え早く仕切っていく江山に、リュートはほっと息をついた。  取りあえずこの場はしのげたらしい。ページをめくり、段取りを目で追う。 (殺陣たてなら打ち合わせ通り動くだけだもんな。こっちの方が楽だ) 「じゃ、みんな。天城君を襲って」 「ちょ、ちょっと待てっ」  慌てて制止をかける。台本のト書きを指さしながら、 「ここ、数人の兵士に襲われるってあるけど、どう襲われるか書いてないぜ」 「んー。適当かな」 「は?」  江山が困ったように顔を傾ける。 「だから、その時その時で、適当に襲うから。頑張ってなんとかして。そっちの方がリアルでしょ?」 「ちゃ言うなよ! 間違って地球人にでもさせちまったらやばいんだよっ!」 「そこがいいのよ。いい? 騎士は姫をまもるために味方を裏切ったけど、かつての仲間と戦いたくはない。少しも傷つけずにその場を乗り切ろうとするの」 「いや無理だろそこは割り切れよ騎士!」 「これも角崎さんの案なんだ。リアリティーあるよね♪」  ぎんっと再びりんをにらむ。  彼女は目立たないようにしながら、笑って中指を立てていた。侮辱的な意味をもつ仕草に違いない。 (あいつのクズっぷり、言い触らしてやろうか……) 「ちょっと天城君っ、ぼけっとしないでほらいくよ!」 (なんで俺がこんな目に……)  議論しても勝てそうにないので、リュートは仕方なく、江山へと了承のまなざしを送った。りんには取りあえず、心の中で中指を立てておいた。 「はい、じゃあ始めるよー。みんな遠慮なく天城君を襲って」  江山の(容赦ない)合図で、舞台上の敵兵士A~Dが小道具の剣を手に襲ってくる。  リュートも同じ剣を片手に、腰を落として迎え撃つ体勢を取った。玩具おもちゃの剣はけんよりも長さがあったが、それに反して軽量で、つかを握る手に感覚的なを伝えてくる。 (まあ、使わないから関係ねーけど)  台本は適当に投げ捨て、剣を左手に持ち替える。
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません