愚神と愚僕の再生譚
5.自民族中心主義⑨ いいねいいね、いい感じ♪
作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。
 最初に打ちかかってきたのは兵士A。を重視した大振りの一撃をかわし、手刀で武器をたたき落とす。  同時に攻めてきたBとCは身をかがめてやり過ごした後、首筋を順繰りに手刀打ちする――ふりをした。この手法で実際にこんとうさせられるかどうかは別として、劇の演出としては十分だろう。  最後に襲いかかってきたのは敵兵士D――つまりりんだった。 (最後の一撃だけ、食らうんだったよな)  嫌な予感がしつつも、よけ損なったふりをして一撃を待つ。  りんは剣を――振るうのではなく、蹴りを入れてきた。いわゆる男性の急所を狙って。 「っておい!」  とっさに左腕を差し出してガードする。どのくらい本気だったかは、腕に伝わるしびれで知れた。 「お前、なんつーゲスい……」  冷や汗をかきながら一応は演技を続けて、床に崩れ落ちる。 「いいねいいね、いい感じ♪ 次行こうか。ろうで、姫と騎士が話す場面。今日は感覚つかむだけでいいからね。さらっと行くよ」  事がうまく運んでうれしいのか、江山は気にせず指示を出す。  毛ほどにも心配の色を見せない彼女に多少ぞっとしつつも、リュートはおとなしく従った。なんでもいいからとにかく早く、自分の場面を終わらせたかった。  姫役の女子生徒が舞台スペースに入ってくると、敵兵士Aが荒縄でぐるぐる縛り始めた。リュートの方も、敵兵士Bがやってきて縛り始める。 「あ、おい。マジで縛るのか?」 「とーぜん」  くだらない質問をされたとでもいうように、江山がふんと鼻を鳴らす。  だがリュートも焦っていた。 「ふりじゃ駄目か? もし鬼が出たら困るんだけど」 「そのときはすぐほどくから」 「いやでも――」 「ごちゃごちゃ言わない! 男でしょ!」 「男は関係ないだろ」 「じゃあ守護騎士ガーディアン! くせ毛! チ……小柄!」 「ますます関係ねえしもはやただの悪口だろそれ」  若干青筋立ててにらみつけるが、江山は華麗に無視を決め込む。  結局リュートは腰に下げたけんごと、荒縄で縛り上げられてしまった。  りんはその姿をいちべつすると、 「ちょっと緩いんじゃない? もっと、こうして……」 「っ」  ぎりっと締め上げ、さらに縄を巻いていく。  さすがに堪忍袋の緒も切れかけて、リュートは縛られたままりんに詰め寄った。 「角崎! お前いいかげんにっ……」 「は? なにが? こっちは真面目に劇練してるだけなんだけど。場を乱さないでよね。空気読め」 「ぅわっ⁉」  どんと押され、床に倒れ込むリュート。 「地球人と仲良くなるのも仕事なんでしょ。まあ頑張って」  りんは舌を出し、舞台スペースから出ていった。 「……っんと、いらつくやつだな」  聞こえないよう小さく毒づき、あぐらをかく。不機嫌な様子を隠そうともしないまま、リュートは江山に催促した。 「ほら準備できたぞ。早く始めろ」 「そうだね。じゃあ――」 「おいみんなっ!」  江山の声を遮り、扉から男子生徒が駆けこんでくる。彼はよほど伝えたいなにかがあるのか、もどかしげに舌を動かして声を発した。 「今、すぐそこの大盛り食堂に、テレビ局が取材に来てるらしーぞ! 芸能人もショッボいやつとかじゃなくて、歌手の――」 (息を切らして、伝えたいことがそれかよ)  何事かと浮かせかけていた腰を戻し、リュートがあきれていると。 「え、誰? 誰が来てんの?」 「待って待って、私も行く!」 「こういうのって、サインもらえたりするのかな?」 「みんな芸能人来たくらいで騒ぎ過ぎ!」 「じゃあ行かないの?」 「ううん行く!」 「は? え? ちょ、おいっ⁉」  あんなに張り切っていた江山も含めて、室内の生徒はみんな出ていってしまった。姫役の生徒に至っては、縛られたまま器用に走っていった。  クラスメート以外の生徒たちも大盛り食堂とやらに向かったのか、先ほどまで廊下から届いていたざわめきも、一切なくなっている。  ひとり教室に取り残されたリュートは。 「時間もないんだから、真面目に取り組むんじゃなかったのかー」  一応の言葉を投げやりに吐いた。 「ったく」  肩をすくめようにも、縛られたままではそれすらできない。自力で解けないものかと身じろぎし―― 「……うそだろ」  次元がずれた。しかも感じ取った座標は、すぐ近く。というより、目で見える範囲。  というか、目の前。 「……最悪」
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません