愚神と愚僕の再生譚
1.共生暴力⑦ 小ざかしい真似に舌打ちが漏れる。
作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。
◇ ◇ ◇  正直逃げたひったくり犯を今更見つけるのは、無理に近いのではと思っていたが……  存外あっさり見つかった。  大通りを逃げる犯人は、道を変えようとも思わなかったらしい。下り坂の一直線先を走る後ろ姿は、小さくなっているが、間違いなく先ほど見たものと同じだ。 (これならまだ間に合うか……?)  100メートルほど先を走る犯人を追い、リュートはレンガ舗装の坂道を駆け降りた。所々剝がれ上がったレンガに足を取られかけるが、それでもじりじりと、男との距離を詰めていく。と、 (お?)  油断したのか息が切れただけなのか。  男のスピードが、がくりと落ちた。  道がへいたんなアスファルトに変わったことも手伝い、視界に占める後ろ姿が、どんどん大きくなっていく。  しかし十数メートルの距離まで近づいたところで、男に気づかれた。 「っ!」  肩越しにこちらの姿を捉え、慌てて速度を上げる犯人。進む先の横断歩道は、信号が赤だ。  まさか青に変わるのを、悠長に待つわけもないだろう。曲がるのかと思いきや――男は、豪快に信号無視して直進した。 (あいつっ……)  小ざかしいに舌打ちが漏れる。リュートが――わたりびとが同じことをできないと、狙っての行動に違いない。  が、運はこちらに味方してくれたようだ。  交差する道路の信号が、ちょうど赤に変わる。横断歩道にたどり着いたリュートは急停止し、進行方向の信号が青に変わるのを待った。  1秒……2秒…… (変わった!)  青への点灯を合図に、地面を蹴って再スタート。 「おい止まれ、ひったくり犯!」  声を張るが男は止まらない。大きなトートバッグを、肩から激しく揺らして走り続けている。  男の進行方向には線路と、その下に造られた地下道。男は地下道へと進んでいった。 (なら、地下道そこで捕まえる……!)  足はめぬまま、リュートは地下道へと目を凝らした。  中央を貫く坂道の両脇を、手すりの付いた階段が挟んでいる。坂道と階段は下りた先で合流しているが、坂道の傾斜は階段よりも手前で始まっている。つまりその分だけ、階段全体の傾斜角度は、坂道よりも急となる。  リュートは階段に差しかかったところで、大きく踏み切った。手すりを中継地点として着地し、勢いを殺さずさらに飛び出す。下の坂道を走る男に向かって。 「ぐぎゃあ⁉」  背中から蹴られる形で倒れ込み、あおむけに転がる男。投げ出されたバッグがコンクリートの地面に落ちる。中にけんが入っているからだろう、甲高い音が響いた。  リュートも伏せて、男の右腕を自身の左脇で押さえ込んだ。右腕の方は、男の首の後ろに回し入れ、固めをめる。さらに男の動きを封じるために脇腹を押しつけて、相手の右脇にできた隙間を埋めるが。 「……っ」  押し当てた腹から、じわっと染み出る感触が広がる。  階段を跳んだ時、突っ張っていたなにかが裂けるような感覚があったのだが、やはり傷が少しひらいてしまったらしい。  ひったくり犯はしばらくもがいていたが、やがて諦めたのかおとなしくなった。  若い男だ。先ほどのDAGダッグ女と同じ、二十歳はたち前後と思われる。  男が口をひらく。 「わ、悪かった! 返す! ちゃんと返すから見逃してくれ!」 「言うくらいならるな! こっちはいちいち身体からだ張ってんだよ!」  八つ当たりも兼ねて、締めつけを強めるリュート。  男は声を潰れさせながらも、懇願するように続ける。 「けんが欲しかったんだ、それでつい! 俺、守護騎士ガーディアンフリークでっ……」 「はなはだしく迷惑だ!」  交番の近くでるほど大胆なくせに、やたら逃げ方がつたない不自然さは、突発的犯行から来るものだったからか。  鬼の駆逐派に擁護派、おまけにマニア(?)。  異なる立場から迷惑だけは平等にもらい、リュートは心底うんざりしていた。 「……あー。どうすっかな、これ」  ひったくり犯は確保したものの、これでは自分も身動きが取れない。
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません