愚神と愚僕の再生譚
3.故郷の幻影① 僕のせいなんだから、僕が行く。
作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。
◇ ◇ ◇ 「どうしたタカヤ⁉」  悲鳴からにじむさくがくの念にただならぬものを感じ、リュートはタカヤの前へと回り込んだ。  タカヤは飛び出さんばかりに目を見開き、 「先輩っ、俺今、俺たちの次元に――」  ぶつりと声が途絶える。  タカヤが話すのをやめたわけではない。今現在も彼は口を動かして、必死になにかを伝えようとしている。ただその言葉が聞こえない。 「おい、大丈夫か⁉」  リュートは焦り、タカヤへと手を伸ばした。それは彼の肩口へとれ――ずに、なんの感触もなく空を切った。 「なっ……⁉」 「な、なにっ? なにが起きてるの⁉」  明美が悲鳴交じりの声を上げる。  タカヤに目をやると、彼はリュートが触ろうとしたことそれ自体に気づいていないようだった。ひどくろうばいした様子で周囲を見回している。 (なんだ……? なにを見ている⁉) 「タカヤ! おいタカヤ⁉」 「無駄ですリュート様! タカヤさんは恐らく、元始世界を見ています!」  セラの指摘は的を射ているのだろうが、だからといってなんの役にも立たなかった。  と、タカヤがなにかに気づいたように、こちらに顔を向けてきた。  一瞬呼びかけが通じたのかと思ったが、違うらしい。  タカヤはリュートの顔のさらに後方、遠くを見るように目をすぼめて、歩きだした。  空に向かって。 「⁉」  動じて一歩引くリュートに、タカヤは――認識できていないので当然だが――ひるむことなく突っ込んできた。  そのまま、斜め上方へと歩き続ける。まるで坂を上っているかのように。 「これはすごい」  引きつった笑みを顔に張りつけて、フリストがつぶやく。 「存在のほとんどが、元始世界に寄っている」 「なにのんなこと言ってんですか! もしも鬼が来たらっ……」  リュートは歯ぎしりした。  未知の世界にたったひとりで、武器も持たずに。 (危険過ぎる……!)  考えなしに実験に参加したことを悔やんだ。 「今すぐ装置を解除してください!」  八つ当たり気味にフリストの胸倉をつかみ、せっつく。 「しかしそれも危険じゃないか?」  フリストはリュートの手首をつかみ、冷静に反論してきた。 「電流をめれば、確かにいずれ平常時の質量に戻るが……恐らくタカヤ君には、もうこちらの世界が認識できていない。体感するのも実際に踏んでいる地も、向こうの世界だ。こちらの世界では空中や地中にあたる地点にいるとき、もしこちらの世界に『戻って』来たら……」 「だったら俺が連れ戻します!」  押しのけるようにフリストから手を離すと、リュートは身を翻して籠を探った。 「連れ戻すには装置を着ける必要がある。それでは君もこちらの世界を見失ってしまう」  フリストの主張をよそに、てきぱきと上着や剣帯、けんを身に着けていく。その動作に合わせるように、リュートはすべらかに言葉をつづった。 「タカヤは少しの間、ふたつの世界を同時認識できていました。なら俺だってそうなるはずです。その間に両世界の位置関係を、座標を通じて捉えます。それに失敗したとしても、最低限この地点に対応する向こうの座標さえ把握しておけば、戻ってくるのに支障はありません」 「なら僕が行く。僕のせいなんだから、僕が行く」 「不本意ながら先輩の研究は確かに、わたりびとへの貢献可能性をはらんでいます。もしものことを考えれば、行くべきではありません」  横目で、フリストの提案をすぱっと退けるリュート。段ボール箱から取り出した装置を装着し始めると、セラがつかつかと歩み寄ってきた。 「リュート様、教官を呼ぶべきです!」 「あいつはどこかへ向かっている。今追わないと、追いつけなくなるかもしれない」  淡々とセラに返し、最後に、段ボール箱内に入れられていた、タカヤの荷物一式を手に取る。リモコンらしき物をフリストへと放り投げ、 「準備できました。お願いします先輩」 「しかし――」 「いいから早くっ!」  鋭く叫ぶ。タカヤはもう何メートルも上方を歩いていた。 「わ、分かった……」  勢いにされる形で、フリストがリモコンを操作する。  すぐに今朝と同様の電流が、からじゅうを走り始めた。 (効果が出るには、若干のタイムラグがあったはず)  分かってはいても、それをただ待つだけというのはもどかしい。  はやる心を抑えていると、こちらを見つめる明美と目が合った。 「悪いな須藤。なんかごちゃごちゃしちまって」 「それはいいんだけど……大丈夫なの天城君?」 「たぶんな」  リュートは曖昧な笑みを返した。  と――  ――ざんっ。  目の前の景色に重なるように、もうひとつ別の景色が現れる。 (これか、タカヤの見たものは)  顔をしかめながら辺りを見渡す。同時に存在する世界というものは、ひどく頭を混乱させる。  が、悠長に観察している余裕もない。  リュートはあらゆる感覚を動員する心持ちで、座標情報をかき集めた。とにかく箱庭世界の情報が遮断される前に、迅速に位置関係を把握しなければならない。  両世界の空間座標を別個に取得し、複数地点のサンプルから調整係数を割り出す。  なんとかそこまで行ったところで、箱庭世界の景色が急速に薄れていった。  リュートは重複する景色を見比べながら、数歩分身体からだを移動させた。今立っていた場所では、向こうに行ったときに足先が埋まる――どころか、下手すれば存在原理からとうされて消失してしまう。 「俺がこの地点に戻ってきたら、電流をめてください」  薄まるフリストの顔に伝えると、彼は不安げな面持ちで聞き返してきた。 「……戻らなければ?」 「身体からだくらいはかえってきたいんで、どのみちめてください」  その言葉を最後に、箱庭世界が消失した。 ◇ ◇ ◇
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません