愚神と愚僕の再生譚
2.地球人と疑惑と渡人① 人ごとだからこそ、好き勝手言えるんだろ。
作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。
◇ ◇ ◇ 「あ、リュートお帰りー」 「この後に補講なんだって? お前も大変だな」 「でも校外に出れるのはいいよなー。すっげー楽しそう」 「そーかぁ? 勉強もしなきゃいけねえんだろ。俺は嫌だな」 「優等生やるなんて、お前にできるのかねえ」 「いや無理だろこいつには」  廊下ですれ違うたびに、同期の訓練生になにかを言われ、 「うるっせえぞお前ら! 人ごとだと思って好き勝手言ってんじゃねえ!」  とうとう耐えきれなくなり叫ぶが、 「人ごとだからこそ、好き勝手言えるんだろ」 「ねえ?」 「あ、そういやお前したんだって? 馬鹿だなー」 「うがががががっがっ!」  リュートは人外の声を上げ、頭を抱えて地団駄踏んだ。うっかり力を入れてしまった右肩が、気をつけろとばかりに痛みを訴えてくる。  たまらずうめき声を上げるリュートのそばを、生徒が何人か、笑いをこらえて通り過ぎていった。 「ちくしょー……」  いまいましげに、負傷した右肩を見下ろす。明日あしたには治るだろうが、それまではこの鈍痛と絶えず一緒だ。手にしたかばんの握りを潰さんばかりに、左手に力を込める。 (あいつら、人の不幸を笑いやがって!)  面白がるばかりでいたわってくれない仲間にじゅを唱えながら、リュートは狭苦しい廊下を歩き続けた。 (くそ! くそくそくそくそくそっ!)  理不尽に対する怒りは歯ぎしりという形で表れた。さらには寮中に響けとばかりにブーツの底をたたきつけ、わざと大きな足音を立てる。うるさくて不快に思えばいい。  地味な嫌がらせを試みながら、寮室を次々に通り過ぎていくリュート。 「お、リュート。守護騎士ガーディアン姿、様になってるぜ」 「うっせぇ!」  もはや相手が誰なのか確認もせずに怒鳴りつけ、突き当たりまで進んでいく。部屋の前までたどり着くと、リュートは勢いよくドアをけた。  訓練校の敷地内には寮があり、二人一部屋の相部屋となっている。  室内の造りは至ってシンプルだ。部屋の両サイドに机とベッド、簡易クローゼットがあり、隙間を埋めるように共用本棚が設置されている。そしてそれ以外にはなにもない。  というより、なにか置いていたらスペースがなくなる。訓練生の数を考えれば仕方ないが、それでももう少し広ければと思うことはあった。 「いいねえリュート、モテモテじゃん」  迎え入れたのは、吹き出すのを必死にこらえているかのような声。  リュートは無言で、かばんを左手側のベッドに投げつけた。 「うっわ危ない! なにしてくれんだよ!」  寝転んだ状態で器用にかばんをよけながら、ルームメートが口をとがらせる。読書中だったのか、片手に文庫本を持っていた。 「お前こそ人のベッドを占領するな。何度言ったら分かるんだ」 「だって俺のベッドは、できるだけ使いたくねーもん。ほら俺って清潔好きだから。寝具は寝るためだけに使いたいってわけ」 「それは『どうぞ僕のベッドを土足で踏みにじってください』っていう前振りなんだよな」  リュートはいている方のベッドに近寄って片足を上げると、土やら血やらで汚れた靴底を、白いシーツに向かって下ろした。 「わーかったから! どくって!」  焦った声に満足し、寸止めした足をベッドからどけてやる。 「冗談の通じないやつだなー」  整った顔に不似合いな渋面を作りながら、ようやくルームメート――テスターが身を起こす。  靴を履くのが面倒くさかったのか、彼はリュートのベッドからそのまま、自分のベッドへと飛び移った。鮮やかなとうはつ――純粋な金髪ブロンドが多いしんぼくの中では希少とはいえないまでも、比較的珍しい髪色だ――がはためくさまは、揺れる炎をほう彿ふつとさせる。  それとすれ違うように、リュートは自分のベッドへと足を向けた。  剣帯を外して上着のベルトに手を掛けながら、 「冗談を楽しむ余裕はねーんだよ。どいつもこいつも、娯楽に乏しいからって俺を物笑いの種にしやがって」 「自ら進んで種になってるやつがよく言うよ。毎度毎度学長に突っかかっては、逆に痛い目見て終わる――あれだろ、学長が嫌いだとかアホみたいな理由付けてるけど、本当は俺たちに笑いを届けるための、身体からだを張ったギャグなんだろ」 「なんでお前らをひととき癒やすためだけに、俺が身体からだ張んなきゃなんねーんだよ」 「じゃあなんで学長にけん売るんだよ」  リュートは口をゆがめ、ベッド上のテスターを振り返った。 「だから言ってるだろ。あいつのことが、心の底から嫌いなんだ」  たん、テスターが衝撃を受けたように目を見開く。 「そうなのか……」  頭を左右に振り、れんびんのまなざしを投げかけてくる。 「てっきり道化を演じてるのかと思ったら……素で底抜けのアホだっただけか」 「お前ってたまにめたくそむかつくよな」 「でも実は自覚あるんだろ」 「うるせえ」  言われた通り多少の自覚はあったので、それ以上は返せなかった。  ボタンを外して上着を脱ぎ、足元の洗濯籠へと無造作に放り投げる。代わりにベッド脇に置いてあった訓練生用の上着――着替え用に出しておいたのだが、どっかの馬鹿が遠慮なく寝転んでくれたおかげで、素敵なしわが刻まれている――を手に取り、リュートは肩をかばいながらぎこちなく着替えた。  リュートが属するG専科の制服は、守護騎士ガーディアンの制服を改造した仕様だ。こちらは黒地で、学年カラーを表す白のラインが入っている。着心地に大した差があるわけではないが、学生服の方がやはり落ち着く。  と、テスターがじっとこちらを見ていることにリュートは気づいた。正確に言うならば、彼はリュートの右肩を凝視していた。  痛めていることに気づいたのだろう。視線は外さないまま、に落ちないといった様子で口をひらく。 「珍しいな、そこまでするなんて。逃げ回るのは得意なくせに」 「一言多いぞ」  ルームメートを申し訳程度ににらみつけ、気力も続かず嘆息する。口論するよりも、今は誰かに愚痴りたい気分だった。 「まあ、夕食の時にでも詳しく話すよ」 ◇ ◇ ◇
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません