作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ファランヴェールに連れられ、校舎以外の施設を見て回る。フユがこの学校に実際に登校したのは今日が初めてであり、朝来た時には、正門から第一校舎の職員室、そして教室へと移動しただけだった。 ――結構、広いんだ。  一学年の人数は基本的に十二人。全部で五学年なので、通う生徒数は六十名ほどである。その規模の割には敷地は大きすぎるくらいだ。図書館こそ一つしかないが、体育館は四つ、グラウンドも三つ、学生用の食堂が二つあり、後は研究施設のようなものも大小いくつか存在している。 「すごく充実してますね。あの建物は何ですか」  小さめの四角い建物を指さし、ファランヴェールに尋ねてみる。屋根にドーム状の構造物が付いたものだった。 「あれは電磁波探知棟だ。同じものが他にもいくつかある。コンダクター養成学校には、必ずあるものだよ。集めたデータは、様々な研究機関へと提供されることになっている」 「ここで研究が行われているんじゃないんですね」 「ここは訓練所のようなものだからね。データ収集に協力することで、政府から助成金が貰えたりするのだよ」  その分、設備が充実している――ファランヴェールはそう言いたいのだろう。経営には興味がないが、フユにとっては案内される場所のすべてが興味深い。思い浮かんだ疑問を次々とファランヴェールにぶつけたが、ファランヴェールはその一つ一つに丁寧な説明をしていった。 「案内の最後に、エイダー候補たちのトレーニング場をお見せしよう」  ある程度歩き回ったところで、ファランヴェールがそう切り出す。フユは少し申し訳なさそうな顔を向けた。 「すみません、ファランヴェールさん。私一人の為に時間を使わせてしまって」  ファランヴェールが軽い笑顔を見せる。 「気にすることは無い。あと、『さん』付けはしなくていい」  そうは言われたが、フユは少し戸惑いの表情を浮かべてしまった。 「これは、全ての生徒対象に行っていることであって、私の役目でもあるからね。それに初登校がこの時期になってしまったのは君のせいではない。事件に巻き込まれたのは気の毒としか言いようがないが。耳の手術をしたそうだね」 「耳も、ですね。下半身もしばらくは動きませんでした。でも今はほとんど不自由なく動けています」  フユの言葉に、ファランヴェールが足を止める。 「それはすまなかった。あまり気にせず歩いてしまっていたが」  ファランヴェールの流れるような両の眉が、眉間へと寄る。その心配げな様子に、フユはすぐさま「もう大丈夫ですから、気にしないでください」と答えた。  今度はファランヴェールがそれにうなずく。 「君はネオアースでも一二を争うハイレベルな理系の学校に通っていた。お父様のようなバイオロイド研究者になりたかったのではないのかな。なのに、その学校の高等部には上がらず、コンダクター養成学校であるこの学校に編入してきた。もちろんこの学校もいい学校だ。見ての通り、設備は充実している。しかし、ここはお世辞にもレベルが高いとは言えないのだ。確かに長期入院による学習の遅れはあっただろうが、君ならば元の学校でもやっていけただろうし、他にもっとレベルの高い養成学校もあっただろう。それにコンダクターになれば、災害現場はもちろん、君が経験したようなテロの現場にも人命救助のために行くことになる。嫌なことも思い出してしまうのではないかな。それなのになぜ」  まるで、抱え込んでいた疑問が一気にあふれた出したかのように、ファランヴェールはフユに尋ねた。聞きようによっては、立ち入った話にも聞こえるようなことだったが、ファランヴェールの訊き方に遠慮というものはない。しかしその口調に嫌味はなく、ただ純粋に不思議に思ってのことのように、フユには感じられた。 「えっと、それは」  フユが答えるのを少し躊躇する。 「フォーワル・ティア・ヘイゼルがいるから、なのかな」  フユの反応にも、ファランヴェールは容赦なく質問を重ねる。いや、それは確認だったのだろう。フユに関する情報はもちろん学校側に詳しく伝わっているだろうが、ファランヴェールもほぼすべてを知っているようだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません